意外と忘れがちな挨拶状

女性作業員

意外と忘れがちな挨拶状の書き方って?

引越しの挨拶も済ませて安心、と思いたいところですが、意外と忘れがちなのが引越しの挨拶状です。友だちや上司などに引越しの挨拶状を送っておきましょう。今はメールでのやり取りが多いかと思いますが、メールでは消えてしまいますし、忘れがちになります。ですから、きちんと形に残る挨拶状が好ましいですし、しっかりしていて丁寧な印象を受けますよね。その挨拶状の書き方をここではご紹介いていきたいと思います。
引越しの挨拶状には、引越しをしたという報告、新居の住所や連絡先を記しましょう。もちろん自分の名前を忘れないようにしましょう。ひと目で名前と住所がわかるようにしておけば、先方もわかりやすくて良いかと思います。親しい友人はフランクな感じでも大丈夫ですが、上司やお世話になった恩師の方に出す場合は、季語の入った挨拶文を入れると丁寧になりますし、パソコンの定型文に入っていますから、自身でちょっとオシャレな季語を探してみても良いかと思います。また、引越し先の風景の入ったポストカードを使っても楽しめますし喜ばれるかと思いますが、目上の方に出す際は、敬意を払う意味も込めて、挨拶状の紙の質感や模様にもこだわると粋で素敵かと思います。
挨拶状が苦手な方でも、心配はいりません。今は引越し業者も様々なサービスを揃えていますから、挨拶状のサービスを行っているところもあります。忙しくて自分で出せない方はそういったサービスも利用してみてください。